RTW9 logoRTW9

Round The World blog

先進国を肌で感じたLondon

遂に念願のヨーロッパへ上陸。第一都市はイギリス、ロンドンだ。
SANY1418.jpg
ロンドンの地下鉄 エスカレーターは右側が止まる人用だ
タイ、カンボジア、エジプトなど周ってきたため、まず違いに驚く。


まず感じたのはトイレがとてもキレイ!
キレイといっても、普通なのだが例えばカンボジアは常に床はビチャビチャだったし、虫はいるわで雲泥の差だ。
しつこい客引きもない。道を歩くのに警戒しなくてよい、地図片手に歩ける!
なんといっても英語が通じるという安心感。エジプトは道端で人に話しかけても半分位とか、簡単な言葉(「Hello」「What’s your name?」「Good bye」とか)しか通じない。
言葉が通じるだけでコミュニケートができる。これってスゴイなぁ!
もちろんボディランゲージでもある程度「何したい」とか「YES」「NO」は通じるけど、(地図無しで)どこどこに行きたい、っていうのは、なかなか苦労した…
地図くらいもってけよって声が聞こえてきそうですが、色々な国を回るとなると地図、本だけでも膨大な重さになってしまうため、あまり持っていけないのが現状です。
まぁ実際はなんとかなるだろう精神が主なんですけど。。。笑
さぁロンドン、ヒースロー空港に着き、イミグレへ進む。
いきなり一つ焦ったことが。
今回ロンドンはヨシエという高校時代の友達が住んでおり、滞在期間お世話になることになった。
彼女はロンドンのセントラル(中心部)から20分程の場所に住んでいて、語学学校に通っている。
SANY1413.jpg
ロンドン在住のヨシエ 語学も堪能
なんと彼女の家の住所を控えてくるのを忘れてしまった…
入国カードには滞在先の住所を書かなければいけない。
ヨルダンで滞在先を書かなかったら結構待たされ、尋問があった。(そのときはトランジットということで通してくれたが)
「うわ~やっちまったなぁ…」
エジプトを経つ前、ヨシエの学校がHolbornにある、というのしか頭に残ってなかったので、とりあえず入国カードに「Holborn」とだけ書く。
イミグレで自分の番がやってきた。
自分「Hello」(ドキドキ…)
イミグレ「Hello.(入国カードをチェック)」
イ「観光?」
自「そう」
イ「滞在先の住所は?」
自「(やっぱり聞かれたか…)友達がロンドンに住んでいるんだ。」
イ「…なんていうところ?」
自「Holborn!」(本当は違うんだけど、今はわからない…)
イ「…どのくらい滞在するの?」
自「10日位だよ」
イ「OK.」
良かった…とりあえず一安心。
早速ヨシエとの待ち合わせ場所、piccadilly lineでHolbornへ向かう。
£4(=600円)。
高い!エジプトは一日1000円で食べ寝れ遊べたので、電車に乗るだけで600円は感覚的に「高い」。
「郷に入っては郷に従え」。嘆いてもしょうがない。。
ロンドン、ヒースロー空港から1時間弱くらいでHolbornに到着。
SANY1360.jpg
駅近くの公園 みんな寝そべったり ご飯食べたり 彼らはギターを弾いている
そしてヨシエに再開!なんだかロンドンで会うと不思議な感覚だ、とお互い笑う
ヨシエは色々ロンドンの行ったら良い場所を調べてくれていて、右も左もわからない自分を色々なところへ連れて行ってくれる。
SANY1366.jpg
southwarkの壁にて
SANY1397.jpg
バッキンガム宮殿 この中に女王が住んでいる…
SANY1361.jpg
テムズ川 晴れていてとても気持ち良い
SANY1375.jpg
ギターショップで試奏 久しぶりのギター!
SANY1409.jpg
カムデンロックへ行く途中のマーケット
SANY1414.jpg
カムデンロック ここは規模も大きく、歩いているだけでも楽しい
SANY1406.jpg
ウォールアート1
SANY1405.jpg
ウォールアート2(何が書かれているかわかるかな?)
SANY1436.jpg
SOHOのカフェでメシ
ロンドンは場所によってもそうだが、SOHOなどの人たちは皆シャレオツだ。
着ている服、髪型、クールな人が多い。
今までどうでもいい格好をしてきたが、さすがに恥ずかしい 笑
ということで、H&MでシャツとTシャツを買ってしまいました!
二つで£16程。
エジプトのカイロ空港で時計をなくしてしまったので、それも買った。
ロンドンの今は日が長い。
朝6:00~夜22:00位まで日がある!感覚がおかしくなってしまう。
そしてあまり晴れが少ないようだ。
晴れていても、すぐに雲がでてきたり、天気は良くはなく、冬はほとんど曇りらしい。
だから、太陽がでているときは皆日光を浴びに公園に来てサッカーしたり絵を描いたり寝っころがったり、思い思い楽しんでいる。
SANY1427.jpg
この青空の下で寝っころがるだけで幸せだ
SANY1426.jpg
こんなかわいい標識を発見
歩くだけで楽しいロンドン。まだまだ色々なものに出会えそうだ。

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

4 Responses to “先進国を肌で感じたLondon”

Show / Hide Comments
  1. よしみ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様!!ロンドンはいいよね
    私が娘と行ったのはもう5年前くらい
    大英博物館の「ロゼッタストーン」とミステリーサークルの
    「ストーンヘンジ」とリバプールのビートルズツアーに行く
    ためだったのよ。。地下鉄や電車を乗りまくって
    二人で頑張って色々と行ったよ~懐かしいわ
    物価は高い!!よね

  2. Yutaro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >よしみさん
    ロゼッタストーンがあるんですね!
    アビーロードは行くつもりですけど、ビートルズツアーも知らなかった。。そういえば、前によしみさんに聞いたかも?

  3. モッサリアス より:

    SECRET: 0
    PASS: b7775c40cf08fcb730dc7668fddea983
    機会があったらゴールダーズグリーンのATARIYAへ行って欲しいです。

  4. Yutaro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >モッサ
    それってまさか…例の?

↑ Back to top