RTW9 logoRTW9

Round The World blog

最後の晩餐を見るために イタリア、ミラノ

7:00起床。
支度を済まし、朝食を取る。
パン、チーズ、オレンジJ、コーヒー
ユースホステルはどこもこんなカンジだ。
最初は少し戸惑ったが、今はもう慣れっこだ。

7:50出発。
今日は「ドゥオーモ」、最後の晩餐の「サンタ・マリア・デッレ・グラツィア」、「スカラ座」を周り、昼メシにセルフサービスで安いと歩き方に書いてあった店、「Brek」に行く。
まずは「サンタ・マリア・デッレ・グラツィア」へ。
30分程で到着。

正面より


向かって左手にある入り口
果たして当日分はあるだろうか…
受付へ向かう。
受付に張り紙が。
「1週間予約でいっぱいです」
なに!?
やっぱり本当だったのか…
一応聞いてみたが、聞く耳持たずという雰囲気で追い返された
非常に残念だが、しょうがない。
諦めて「ドゥオーモ」へ向かった。

ドゥオーモ正面の広場

ドォオーモ

近くで見るとこんなかんじ
ちょうど9時から上へ登る階段とエレベーターが動くというので、時間はちょうど良かった。
エレベーター€10、階段€5。。。
選ぶ余地なし。
階段に決まってる!

2倍の値段なんてどういうことだ?笑
歩き方にはエレベーター€6階段€4と書いてあったが、値上がりしたようだった。。
上へと続く階段の受付が空いたのは9:10。
本当イタリア人は時間にルーズだなー 笑
登ってみると、見晴らしのよさと風の心地よさに一気に心を奪われた。

彼らの見る先には何があるのか

青い空に白いゴシック建築が映える
イタリア最大のゴシック建築。1386年着工、1887年完成。(500年!!)
高さ108.5m、奥行き157m、面積1万1700㎡を誇る。
135本の劣塔と2245体の彫刻は圧巻だった。

どうやら屋上でライブがあるようで、ちょうど設営中だった

ライトアップされて夜には幻想的な雰囲気になるのだろう
横にある博物館は現在修復のためお休み。
ドゥオーモの後は広場横にあるアーケード、「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」を通る。

ヴィトンやグッチ等高級ブランドが並んでます
アーケードを抜けると、そこはもう「スカラ座(Teatro alla Scala)」だ。

広場にはレオナルド・ダ・ヴィンチの銅像

スカラ座
これって中に入れるのかな?
よくわからないまま、後にした。
この時点でまだ10:00位だったので、少し散歩することにした。
15分程歩くと公園があったので、ベンチで一休み。

イタリア人の日常生活が垣間見れます
3時間程プラプラ。
途中トラムという路面電車にも乗ってみた。

道路を走っているので、飛び乗ってみた
そう、今日は一日券を買ったのでメトロやトラムが乗り放題!
意味も無くメトロに乗ったりもしてみた。
13:00。ちょうどお腹も減ってきたので、「Brek(ブレーク)」に行くことにした。
最寄駅で降りて、近くの人に聞く。
自分「Buon giorno!この辺りにBrekっていうお店があるんだけど、知ってる?」
女性「Brek..?ごめんね、この辺りのことはよくわからないの。あ、あの人に聞いてあげるわ」
女「☆×〇□△…(イタリア語)」
男性「☆×〇□△…(イタリア語)」
(別の人に聞いてくれてる)
女「あっちの方角らしいわよ!」
自「ありがとう!」
男「そこに何しにいくんだい?」
自「昼メシを食べにいくんだ」
男「そこはショッピングモールだ。Brekはもう閉店したかでやってないよ
自「マジ!?」
女「残念ね・・」
自「ありがとう、他にこの辺歩いて探してみるよ。Grazie!」
ということで、またも歩き方に乗っている情報は間違っていた。。
しょうがないので適当に歩いて探す。
するとすぐに客で賑わうピザ屋を見つけた。
マルゲリータ€5。安い!しかも釜で焼いてる。ここに決めた。
釜で焼くところと、オーブンのようなもので焼くところがあるらしく、オーブンはうまくないのでやめたほうがいいらしい。との情報をパリで入手していた。

思った以上に大きいサイズ
うまい!
€5でこの味とこの大きさに大満足した。
店の名前は「FARINA E POMODORO」
スカラ座から歩いて15分位。
お腹も満たされた後向かったのは、「サンタ・マリア・デッレ・グラツィア」。
そう…
最後の晩餐を見るために再度訪ねてみよう!
結果は…
あっさりダメでした 笑
日本人のツアー客がいたので混じってチケットをもらってみようともしたけど、それもダメ…笑
やっぱツアーか1週間以上前に予約がベターなのだろう。
諦めて帰ることにした。。

悔しいので入り口にある最後の晩餐を撮ってやりました
15:00。
帰る前に今日の夜メシと明日の昼メシをスーパーで調達しないと。
今泊まっているユースホステルの近くはなーんにもない。
昨日なんか夜の21時くらいに宿のロビーでいきなり日本語でオバチャンに話しかけられ、
「この辺ってスーパーも何にもないのね!この時間遠くまで行って変なオイモしか買えなかったのよ!」
とグチを聞かされたので(笑)スーパーに行くことに。
「サンタ・マリア・デッレ・グラツィア」の近くにいた警官にここらにあるかどうか聞いてみた。
すると10分ほどいったところに「PAM」というスーパーがあると超~親切に教えてくれた。
そこでフランスパン、ハム、トマト×2、メロン1/2、オレンジジュースミニパック×3、スプライト1Lで€7。
一食あたり€3.5の計算だ。
野菜は袋に入れて、その後量りに乗せる。そこで名称の番号を押すとバーコードが印刷されたシールが出てくる仕組みだ。

トマト(POMODORO)の右上に「89」とあるのが番号

それでこの量りに乗せてさっきの番号を押すとシールが出て来る
16:00宿到着。
8時間歩き回ったので、そこそこ疲れていた。
時間帯も早いので、シャワールーム独占。
ミラノは思ったより観光客が少ない、いや違う、街なかを歩いている観光客が少ない感じがした。
おそらくほとんどツアーの一部で来ているんだろう。
そしてミラノのイタリア人は親切の人が多く、意外にも英語で片言でも話してくれた。
さぁ明日は”花の都”フィレンツェに向かいます。

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

6 Responses to “最後の晩餐を見るために イタリア、ミラノ”

Show / Hide Comments
  1. モッサリアス より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    だったら二人で最後の晩餐しようよ。
    ちなみに貴方の好きなターミネーター始まったよ~日本で

  2. Yutaro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >モッサーナ
    「この中の誰かが私を裏切る」って二人でね 笑
    ターミネータ世界中でやってるよね。。観てみたいけど、現代風すぎてちょっとなぁ…
    やっぱシュワちゃんの残酷さとたまに見せる優しさが良いんだよ。

  3. ミスター より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    通貨がわからない(笑)
    いつらがいくらなの?
    イタリアのPIZZA食べたいなぁ

  4. Yutaro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ミスター
    通過は今€1=¥140くらいかな?
    イタリアのピザおいしいです!

  5. HALU より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最後の晩餐残念だったね・・・。
    私は朝一行って大丈夫だったんだけど・・・。
    やっぱりシーズンなんだろうね。
    ミラノ快晴で羨ましいです!!私は着いた日大雨だったの!!
    次の日はなんとか晴れたけど・・・。

  6. Yutaro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ハルアさん
    最後の晩餐…見たかったぁー
    また来い、ということなのかな…笑
    イタリアはほとんど快晴だった気がする。

↑ Back to top