カテゴリー
タイ/カンボジア

タイ旅立ちの夜

タイ、カンボジアの一週間が終わろうとしている。

アジアはこれで終わり、今日の深夜24:30にタイを飛び立ちヨルダン(JORDAN:ジョルダンって言わなきゃ通じないみたい)へ向かう。
タイ、カンボジアと短いながら濃い日々を送ったと思う。
旅をしている人や現地人に助けられ、優しさに触れ、時にムカついたり…笑 それも思い出だね
初めて降りたタイ、カオサンの地は歩きながら緊張したものだが、今となっては慣れっこだ。
友達もでき、タイ語も少し教えてもらった。地元の人しかいない屋台みたいなところも行った。
さぁヨルダン、エジプト。まだ知らぬ地は緊張だ…
またたくさんの驚きが待っていることだろう。
「ありがとう、タイ。また来るよ!」
SANY0794.jpg
タイで初めて泊まったゲストハウス「Star Dome In」での朝

カテゴリー
タイ/カンボジア

朝日のアンコールワット、アンコールトム、タケオなど 早朝から遺跡めぐり

アラームが鳴る。携帯を見ると「3:30」、よし、時間通り。
顔を洗い、支度をしよう。そういえば、もう一つの携帯のアラームを止めておかなかければと気づき携帯を開く。
「1:30」
ん…?おかしいな。
そこで気づいた。一つは日本の時差のままに設定しておいたから、二時間早く目が覚めてしまったんだ…!
もう一度ベッドに入る。次の瞬間「3:30」だった。(一瞬で寝た…笑)

ドライバー、「セコン」は4:45に向かえにくると言っていたので、かなり余裕がある。
そういえば、ゲストハウスはブレックファースト込みって言ってたな。フロントに行ってきいてみよう。
スタッフがロビーのソファで仮眠をとっていたがすぐ気づいて起きた。
スタッフ「どうしました?」
自分「えっと…朝食食べれるかな?」
ス「OK朝食ね。えっと今は、3:45?…まだ無理だよ。6時からなんだ」
自「(やっぱり…)そうだよね、ありがとう」
みんな寝ている時間。そりゃそうだ。
帰って日本からもっていったチョコクッキーをあける。チョコが溶けて、グシャグシャだ 笑 でもおいしく食べた。
4:45、外は真っ暗。
セコンが待っていた。トゥクトゥクだ!やった!
セコン「雨だからトゥクトゥクで来てやったよ 笑」
自分「ありがとうセコン!最高!」
前日セコンにバイクで依頼していたが、彼も待っている間寝ることができるトゥクトゥクで来てくれた。
もちろんバイクのほうが格安。
結局バイクの値段で二日間ともトゥクトゥクで回れることになった。ラッキー♪
アンコールワットへ向かう。少し雨が降っている。サンライズは見れるだろうか…
アンコールワットへ近づくに連れて雨は弱くなっていった。
5:00過ぎ、アンコールワット到着。人がまばらにいる。
トゥクトゥクから降りて歩く。幸い雨は止んでいる。
どこが見所かわからないので、とりあえず寺院の方へ歩いてみる。
色々歩いているうちに、空が白くなってきた。
太陽が雲の奥にあるのがわかる。サンライズとまではいかないけど、幻想的な雰囲気だ。
朝日が見えてきた。水面に反射するアンコールワット。これだ。
SANY0876_2.jpg
感動。世界遺産って感じです

カテゴリー
タイ/カンボジア

夕陽のアンコールワット

泊まったゲストハウス「MEMORY GuestHouse」を昼にチェックインし、タイを出る前予約していた「Palm Garden Lodge」へ向かう。
この「Palm Garden Lodge」、前日ネット屋に行きひたすら場所を調べても人に聞いてもわからなかったので、あきらめてトゥクトゥクの兄ちゃんに連れられて向かうことに。$1だからいいか。
Palm Garden Lodge到着。あれ…?MEMORYから歩いて5分くらいじゃないか。。。こんな近かったのかよ…わざわざトゥクトゥク乗るまでもなかったな…
と少し後悔。。道が険しかったからまぁいいとしよう。
宿に入り、優しい日本語と英語が上手なお兄さんスタッフ。名は「カトウ」。カンボジア人でカトウさん。。(本当らしい)
アンコールワットのサンセットを今日見に行き、明日は朝4:30に出発しサンライズを絶対見ろという。
確かに見たい!
その後アンコールトムやタケオ、プレアカン、その他もろもろ寺院を回れるという。早速頼んだ。トゥクトゥクではなく、値段の安いバイクで。そして値段交渉。
前日ネットで調べておいたから交渉し、二日間で$18。こんなもんだろ?負けてくれたカトウ、ありがとう。
SANY0822.jpg
前日の「MEMORY GuestHouse」とは比べ物にならないくらい良い。同$7

カテゴリー
タイ/カンボジア

カオサンからバスに揺られて アランヤプラテート国境陸路超え

「Yutaro!」
朝、誰かがドアを叩いている。ゲストハウスのスタッフだ。
「カンボジアに行くんでしょ?」
そうだけど、まだ時間じゃないよ?時計を見る。「7:10」やばい。寝坊だ…!
飛ぶように支度をする。タイ人ドライバーが来る。「Hurry up hurry up!」
だから急いでるって!でも悪いのは自分、ごめんね!と謝りつつ荷物をグシャグシャにつめる。
待っているバンに乗る。10人乗り位のバンだ。見ると先客が6,7人。
「遅くなってごめん」と告げる。「大丈夫だよ」と返ってきたのが最高の救いの言葉だった。
「お前は前に乗れ」とドライバー。見るとみな二人か三人で、一人なのは自分だけのようだ。
後ろは窮屈そうなので逆に一人で良かったかも。
タイとカンボジアの国境「アランヤプラテート」に向かって車を走らせる。
1時間位走ると一本の長い道路の脇には見渡す限り畑や木々しかない。
途中休憩でセブンイレブンに入る。良かった…。なんせ起きてからトイレもいってなかったのだから。
朝ご飯と予備のパン、コーヒーとお菓子を買う。
休憩が終わりバンに向かう。一緒に乗っている男がつまづいて足の爪をケガしてしまった。とりあえず薬とティッシュをあげた。
結構痛いんだよね、爪って。。
薬を取るためにバックパックを開け閉めしていたらドライバーが何か指差して言っている。
マスク(マキちゃんありがとう!)を指差して、モジモジしている… ん?ほしいのか?
いいよ、あげるよ!ドライバー大喜び。500Bくれと手を差し出す 笑
運転中、おもむろにマスクをつけ始め、バックミラーで入念にチェック。かなり気に入っているようだ… 笑いをこらえるのが大変だった 笑
11:30 昼飯と称してレストランに入る。さぁどのくらいボッたくられるだろうとメニューを見る。あれ、思っていたより高くない。
同時にビザの申請書と出入国カード、インフルエンザの問診表みたいなのが配られる。なるほど、食べてる間に書けば国境を越えるとき出すだけでラクなわけだ。
金額は?1400B?高… 聞いていたのは1000Bだぞ。。
ははぁ、この申請代行料金でボッたくるわけだな。自分ひとりだけ書かないわけにもいかなそうなのでしょうがなく支払う。
他にもカオサン以外から来る旅行者が集まり、全部で20名程いる。
SANY0809.jpg
レストラン。虫を気にしていたら食べられない

カテゴリー
タイ/カンボジア

タイ観光 カオサン~カンボジア(過酷バス)へ向けて

明日カンボジアに行くためバスの手配(400B)、ビザ用写真(120B)を撮り、2泊した
スタードームインからカオサン通りのカオサンパレスに移動した。
エアコン、テレビ付、ホットシャワーの500B、スタードームの時と比べると超快適だ。
テーブルとイスもありこうして文章を書くのもラクだ。
5/8
トゥクトゥク(バイクタクシー)に初めて乗った。
値段は交渉で、観光客には高い値段をふっかけてくるで有名。
自分「水上バス乗り場までいくら?」
運転手「100B」
自「高いよ、35Bにして」
運「ダメだ、50B」
自「40Bは?」
運「絶対に50B」
自「じゃあ45Bでいいでしょ?」
運「…50Bだ」
自「頼むよ、45B!」
運「わかったよ、45Bでいい。早く乗れ!」
こんなやりとりを楽しみながらトゥクトゥクに飛び乗る。風が気持ちいい。
SANY0745.jpg
トゥクトゥクの運転手